TOP市政お知らせ>ごみ収集車の火災が多発しています

ごみ収集車の火災が多発しています

【平成24年12月14日掲載】

加西市では平成24年度に入って、ごみ収集車の火災が5件発生しています。
収集したごみの中に可燃性のガスが残ったままのカセットボンベやライター、又は花火が混ざっていたのが原因と考えられます。

写真 平成24年12月5日の収集車両火災の様子
平成24年12月5日の収集車両火災の様子

■このような火災によって・・・

  • ごみの収集時間が遅れるなど、収集作業に影響が出る。
  • 道路の通行人、周辺住民、収集作業員に危険がおよぶ。
  • 車両の修繕や、ひどい場合は廃車になってしまうなど、大きな損害を伴う。 

■火災の原因となる、これらのごみの搬出は以下のことに注意し、適正に排出してください。

ごみの種類 搬出時の注意点
カセットボンベ、
スプレー缶
  • 中身を全部使い切る。
  • 穴を開ける(風通しのよい、火の気のない屋外で、穴を開けてください)。
  • 金属の日にターミナルへ出してください。
使い捨てライター
  • 中身を全部使い切る。
  • レバー部分をテープやゴムバンドで押さえガスを抜く(換気のいい場所で火気に注意してガスを抜いてください)。
    レバー部分をテープやゴムバンドで押さえガスを抜く
  • 燃やせないごみの日にターミナルへ出してください。
花火
  • 使い切る。
  • 使い切れなかった場合は以下のとおり
    • 必ず、ターミナルに出す前日の一晩中、水に浸す。
    • 燃やすごみの日にターミナルに出してください。

 

少しぐらいは大丈夫と思わず、必ず適正に処理してください。 ご協力お願いします。

 

問合先 生活環境部 環境整備課
TEL:0790-42-8719 FAX:0790-42-6269 mail:kankyoseibi@city.kasai.lg.jp

Page Top