TOP市政お知らせ>市所蔵の貿易陶磁器が県考古博物館で展示

市所蔵の貿易陶磁器が県考古博物館で展示

倉狭間遺跡(加西市畑町)から出土した陶磁器、白磁合子・小壺が、県立考古博物館(播磨町)の特別展「清盛と日宋貿易」で展示されています。平成24年6月24日(日)まで。

この陶磁器は、12世紀頃に製作され、日宋貿易で日本に輸入されたものです。ほぼ完形品で、文様や装飾に凝った細工がなされた優品です。加西市教育委員会が、平成6年度の発掘調査で発見しました。

写真 市所蔵の貿易陶磁器が県考古博物館で展示
白磁合子と小壺(右)

 

問合先 教育委員会 文化スポーツ課 生涯学習・文化財
TEL:0790-42-8775 FAX:0790-43-1803 mail:koryu@city.kasai.lg.jp

Page Top