TOP市政お知らせ>国民年金保険料を必ず納めましょう

国民年金保険料を必ず納めましょう

保険料を未納のまま放置すると、将来の「老齢基礎年金」や、いざというときの「障害基礎年金」、「遺族基礎年金」を受け取ることができない場合があります。必ず保険料を納めるか、納めることが困難な場合は免除制度をご利用ください。

※免除制度は、所得が少ないなど、保険料を納めることが経済的に困難な場合に、本人の申請手続きによって承認を受けると、保険料の納付が免除または猶予される制度です。申請は、下記問合先で受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

国民年金保険料を未納の場合と免除の場合

  未納の場合 免除制度(全額免除、一部免除、若年者納付猶予、学生納付特例)を利用した場合
老齢基礎年金を受けるための受給資格期間に入りますか? 受給資格期間に入りません。 受給資格期間に入ります。(※1)
受け取る老齢基礎年金額に反映されますか? 未納期間は、減額され年金額に反映されません。 免除期間は、一部年金額に反映されます。(※1、※2)
障害基礎年金や遺族基礎年金の受給はされますか? 年金を受けられない場合もあります。 障害基礎年金や遺族基礎年金を受給できます。(※1)
後から保険料を納めることはできますか? 2年を過ぎると納められません。 10年以内であれば追納(後払い)できます。
(3年目からは当時の保険料に加算額がつきます)

※1 一部免除の場合は、規定の保険料を納めていないと年金額には反映されません。
※2 若年者納付猶予、学生納付特例の場合は、追納(後払い)で保険料を納めていないと年金額には反映されません。

20歳になったら、忘れずに国民年金の加入手続きをしましょう

20歳の誕生日を迎えたら、厚生年金などに加入している方を除き、国民年金に加入の手続きをしましょう。
国民年金に加入すると、年金事務所から青色の年金手帳が送付されます。この年金手帳は、年金をもらい始めるまで使いますので、紛失しないように保管してください。
年金手帳の送付と同時に国民年金保険料の納付書も送付されますので、各金融機関・コンビニエンスストアなどでお支払いください。

問合先 健康福祉部 市民課 国民年金
TEL:0790-42-8722 FAX:0790-43-8045 mail:shimin@city.kasai.lg.jp

Page Top