TOP市政お知らせ>狩猟解禁に伴う事故防止について

狩猟解禁に伴う事故防止について

平成23年11月15日から平成24年2月15日(シカ・イノシシについては平成24年3月15日まで延長)の間、狩猟が解禁になります。狩猟は、個人的な趣味として楽しむことの他に鳥獣の個体数調整を通じて農林業被害を防止する役割も持っています。ご理解をいただき、事故防止にご協力をお願いします。

入山者の皆さんへ

  • 山の中へ入られる際は、目立つ服装を心がけてください。また、白色タオルはシカと間違えられやすいので、使用を控えてください。
  • 土曜日・日曜日・祝日は、狩猟者が集中しますので、特に注意してください。
  • 「わな」は非常に危険ですので、設置の看板(標識)がある場所へは近づかないでください。
  • ニホンジカ及びイノシシについては、上記のとおり兵庫県全域で3月15日まで猟期が延長されていますので、入山の際は十分注意してください。

狩猟者の皆さんへ

  • ニホンジカについて、県全域で1日当たり無制限に捕獲できます。また、淡路地域では、引き続きシカ及びイノシシについて、輪の直径が12cmを超えるくくりわなを使用して捕獲できます。
  • 出猟に際しては、「絶対に違反・事故を起こさない」ということを自分に誓いましょう。
  • グループ猟の場合、狩猟開始前に狩猟場所ではどのような場合に事故が発生するおそれがあるかなど、グループの皆さんで話し合う「危険予知ミーティング」を行いましょう。
  • 猟銃の発砲にあたっては、焦らずに必ず矢先の確認を行いましょう。また、こまめな脱包に努めましょう。
  • 狩猟に出かける際は、目立つ服装帽子の着用を心がけましょう。
  • 猟銃の使用が禁止されている場所(鳥獣保護区、休猟区、特定猟具使用禁止区域(銃器)、公道等)では、絶対に銃猟を行わないようにしましょう。
  • 銃の持ち運び、車の中及び家での保管は、決められた正しい方法で行いましょう。
  • 「わな」には決められた標識を付け(第三者にはずされない工夫を行ってください)、見回りを励行しましょう。
  • 猟犬の管理を徹底し、狩猟の終了後、山中に放置することなく必ず連れて帰りましょう。
  • 事前に猟場が人家近くではないか、入山者の入り込みがないかなど猟場の状況や特徴を十分確認しましょう。
  • たき火タバコの火には、十分な注意と後始末を心がけましょう。
  • 果実等を所有者に無断で持ち帰ることは法律違反です。また、空き缶やごみを捨てて帰ることのないよう良識をもった行動をとりましょう。
  • 垣・さく等で囲まれた土地、作物のある土地で狩猟を行う場合は、土地所有者(占有者)の承諾を得ることが必要です。
    また、垣・さく・作物のない土地であっても、他人の土地に立ち入って、自由に狩猟する権利が認められているわけではありません。土地所有者等から『狩猟をしないように』という申し入れがあった場合には、狩猟を行わないようにしましょう。
  • 「国有林野」及び「官行造林地」で猟銃等による狩猟で入林される場合には、「入山届」の提出が必要になりますので、この手続等を行ってから入林しましょう。
    ※1週間前までに手続きを行い、「入林許可証」等の交付を受けてください。
  • 平成24年1月13日〜15日の3日間については、「カモ類センサスの日」として全国一斉に「ガン・カモ調査」が実施されますので、カモ猟の自粛をお願いします。
  • 無理のない、心にゆとりのある狩猟を心がけましょう。

関連資料

問合先 地域振興部 農政課
TEL:0790-42-8741 FAX:0790-43-1802 mail:nosei@city.kasai.lg.jp

Page Top