TOP市政お知らせ>7月から福祉医療制度の経過措置がなくなります

7月から福祉医療制度の経過措置がなくなります

加西市は、福祉の増進を図るため、老人、重度(高齢重度)障害者、乳幼児等、母子家庭等などに対して医療費の一部を助成しています。当制度を将来にわたり持続可能なものとするため、また、低所得者層に対して重点化することを目的として、平成21年7月に所得要件を見直した際に一部経過措置を設けていましたが、平成23年7月からその経過措置がなくなります。所得制限の内容等は次のとおりとなります。

制度 所得制限対象者 所得制限の内容
老人医療 本人(世帯) 市民税非課税世帯で、公的年金等の収入金額及び
合計所得金額の合計額が80万円以下であること。
重度障害者医療
高齢重度障害者医療
本人、配偶者、扶養義務者 市民税の所得割の額が23万5千円未満であること。
乳幼児等医療 幼児等保護者(扶養義務者)
母子家庭等 医療母子家庭等の母等(扶養義務者)
扶養親族等の数 平成22年度所得限度額
0
1
2
3
4
5
192万円
230万円
268万円
306万円
344万円
382万円
なお、平成23年7月から利用できる受給者証については、平成22年中の所得状況などを確認し、6月下旬頃に通知・発送させていただく予定です。

 

問合先 健康福祉部 市民課 国民健康保険
TEL:0790-42-8721 FAX:0790-42-1792 mail:shimin@city.kasai.lg.jp

Page Top