TOP市政お知らせ>熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう

今年は大変暑い日が続いており、熱中症にかかる人も増えています。
熱中症対策のために以下の点に注意しましょう。

熱中症を予防するために(環境省の「熱中症環境保健マニュアル」から)

  1. 暑さを避けましょう
    屋外では、日陰を選んで歩いたり、日傘や帽子を利用しましょう。
  2. 服装にも工夫しましょう
    汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服や下着を着ましょう。
  3. こまめに水分を補給しましょう
    暑い日には、こまめに水分補給をしましょう。のどが乾く前に水分補給をすることが大切です。ただし、アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまいます。ビールなどで水分の補給はできません。
  4. 急に暑くなる日に注意しましょう
    熱中症を起こす人は、梅雨明けの7月下旬から8月下旬に多発する傾向があります。体が暑さに慣れ、上手に発汗できるようになるためには時間が必要です。暑くなり始めや急に暑くなる日、熱帯夜の翌日に特に気をつけましょう。
  5. 個人の条件を考慮しましょう
    暑熱環境下では、健康な人でも熱中症になります。前の晩に深酒をした人や朝食を抜いた人、また風邪を引いている人や下痢などで脱水症状の人は熱中症を起こしやすいので、体調が回復するまでは安静にしてください。
  6. 集団活動の場ではお互いに配慮しましょう
    集団で活動する場合には、お互いの配慮や注意も必要です。暑い場所での作業や運動は、こまめに人を交代させるなどして、一人一人がなるべく短時間で済ませるようにしましょう。
    高齢者は、体温調節機能の大切な役割を果たしている発汗と血液循環は低下し、暑さに対する抵抗力も少なくなっています。

    また、のどの渇きを強く感じないため、水分不足になりがちです。高齢者の場合、特にこまめに水を取るように努め、運動前、寝る前にもこまめに水を飲みましょう。
    さらに、まくら元にも水分を置く、入浴はぬるめで短時間にするなどを心がけましょう。
    また、屋内でも熱中症は起こりますので、部屋の温度にも気をつけましょう。

熱中症の症状

軽度 めまい
立ちくらみ
筋肉痛(足がつる等)
汗が止まらない
中度 頭痛
吐き気
体がだるい
重度 意識がない
けいれん
呼びかけに反応しない
高体温

熱中症の症状が現れたら

  • まずは涼しいところ(日陰やクーラーの効いた室内)へ非難する。
  • 衣服をゆるめて首の周りやわきの下等をアイスノンや氷で冷やす。
  • 水分(スポーツドリンク等)を補給する。
  • 意識がない、呼びかけに反応しない場合はすぐに救急車を呼びましょう。

    また、症状が改善しない場合や、吐き気が続くなど、自力で水分が補強できない場合は医療機関を受診しましょう。

関係リンク

 

問合先 健康福祉部 健康課
TEL:0790-42-8723 FAX:0790-42-7521 mail:kenko@city.kasai.lg.jp

Page Top