TOP市政お知らせ>住民投票条例に関する講演会を開催します

住民投票条例に関する講演会を開催します

加西市は、「地方分権時代の住民投票制度」をテーマにした住民投票条例に関する講演会を開催します。市民に住民投票の仕組みや必要性について理解を深めてもらうことが目的です。

地方分権時代は国に依存してきた地域社会のあり方を、その住民と行政が役割分担と協働によって自己決定・自己責任に基づく自律的な社会に転換させることが最も重要な課題となります。

しかし住民と行政の役割分担と協働は、掛け声や意識改革だけで永続的に機能するわけではありません。住民の地域社会への直接的な参加を促し、その成果を地域社会が享受できるような協働を活性化するための仕掛けや制度の整備が欠かせません。

今回の講演では、@地方分権時代における協働型社会のあり方、A協働型行財政改革とは何か、B協働型社会における住民―行政関係、C協働型社会における制度設計、D住民投票の意義と造り方、E住民投票の制度設計、等の論点を踏まえて、特に住民投票に焦点を当てて議論が進められます。

【日時】
平成22年8月10日(火)18:00 〜 19:30

【場所】
地域交流センター・多目的ホール(アスティアかさい3階)

【講師】
富野暉一郎さん(龍谷大学法学部教授)。昭和59年逗子市長に就任。3期8年の市長経験を生かし、現在龍谷大学にて行政学者として活躍中。

 

問合先 総務部 行政課
TEL:0790-42-8702 FAX:0790-43-1800 mail:somu@city.kasai.lg.jp

Page Top