TOP市政お知らせ>国民健康保険税の徴収方法に特別徴収(年金からの天引き)が加わります

国民健康保険税の徴収方法に特別徴収(年金からの天引き)が加わります

加西市では、平成22年10月から、国民健康保険税の徴収方法として、介護保険料や後期高齢者医療保険料と同じように、特別徴収(年金からの天引き)を実施します。

該当者

特別徴収の対象となる方は、65歳以上75歳未満の世帯主の方で、次のすべてに該当する方です。

  • 世帯主が国民健康保険の被保険者である。
  • 世帯内の国民健康保険の被保険者全員が65歳以上である。
  • 特別徴収の対象となる年金の額が18万円以上であり、国民健康保険税と介護保険料の合算額が年金支給額の2分の1を超えない。

特別徴収の対象とならない場合の例

  • 世帯内に65歳未満の国民健康保険の被保険者がいる。
  • 世帯主が75歳以上である。
  • 世帯主が65歳以上75歳未満であっても、国民健康保険の被保険者でない(国民健康保険以外の健康保険に加入している)。

特別徴収の要件を満たす方でも、金融機関からの口座振替を希望される方は、特別徴収の方法に替えて、口座振替による納付が可能です。ただし、口座振替を利用されている場合でも、長期間にわたって国民健康保険税の滞納がある場合などは、特別徴収(年金からの天引き)になる場合があります。

特別徴収(年金からの天引き)に替えて、口座振替による納付を希望される方は、早めに口座振替のお手続きをお願いします。

 

問合先 財務部 税務課 税制担当(国保税)
TEL:0790-42-8712 FAX:0790-42-5700 mail:zeimu@city.kasai.lg.jp

Page Top