TOP市政お知らせ>職員懲戒免職処分取消請求事件の控訴審の訴訟代理人を決定

職員懲戒免職処分取消請求事件の控訴審の訴訟代理人を決定

職員懲戒免職処分取消請求事件について、市は、平成20年10月8日に神戸地方裁判所の1審判決加西市敗訴を受けて、10月22日に控訴するとともに全国公募により、11月26日付で、控訴代理人を選任しました。
平成18年9月以降の全国的な地方自治体の飲酒運転に対する厳罰化に伴い、全国で同様の訴訟が提起されており、加西市の動向が、今後の全国の地方自治体の飲酒運転に係る処分に大きく影響するものと捉え、加西市の判断の妥当性を示すために10月23日、控訴における代理人を全国から公募したものです。
また、弁護士の公募以外にも、控訴審に万全を期するため、東京などの行政訴訟を専門とする弁護士にも意見を聞き裁判に備えているところです。
今後、加西市勝訴の高等裁判所判決を勝ち取るために代理人と協力し、万全の体勢で努力していく所存です。

■控訴代理人
 兵庫県弁護士会所属弁護士
 山崎喜代志(山崎喜代志法律事務所・姫路市)

 

 

問合先 総務部 人事課
TEL:0790-42-8705 FAX:0790-43-1800 mail:jinji@city.kasai.lg.jp

Page Top