TOP市政お知らせ>「日本紅斑熱」の予防について

「日本紅斑熱」の予防について

日本紅斑熱は、病原体を保有したマダニ類に刺されることにより感染し、2〜10日で発病する感染症です。高熱・発疹・ダニの刺し口を特徴とした症状があります。一般的には薬剤で治療でき、予後良好ですが、重症化することもあります。特にダニが多く生息する野山、畑、草むら等に出かけるときには、以下の点に注意しましょう。

@長袖・長ズボンの着用と防虫スプレーの使用
A直接草むらや地面に座ったり、衣服を置いたりしないようにする
B帰宅後はすぐに入浴し体についたダニを落とし、新しい服に着替える

予防と早期治療が大切です、疑わしい症状がある場合はすぐに医療機関に受診しましょう。

  
問合せ:市民福祉部国保健康課
TEL:0790-42-8723 FAX:0790-42-7521 mail:kenko@city.kasai.hyogo.jp 
Page Top