TOP市政お知らせ>後期高齢者医療制度が始まります

後期高齢者医療制度が始まります

老人保健受給者の皆さんへ

平成20年4月から、現在の老人保健制度に変わり、「後期高齢者医療制度」が始まります。
今までの老人保健制度は、国民健康保険や社会保険等健康保険に加入して医療機関にかかっていましたが、後期高齢者医療制度では一人ひとりが被保険者となり保険料を納めるようになります。その運営は兵庫県内すべての市町が加入する「兵庫県後期高齢者医療広域連合」が行います。

<老人保健制度との違い>

  老人保健法による医療制度
(平成20年3月31日まで)
後期高齢者医療制度
(平成20年4月1日から)
運営主体 市・町 兵庫県内の全市町が加入する
兵庫県後期高齢者医療広域連合
対象者 75歳以上の全ての方
(65歳以上の一定の障がいのある方)
左記に同じ
医療保険 国保、社保等の健康保険に加入 国保、社保等の健康保険から離脱し、
後期高齢者医療制度の被保険者になります
保険料 加入する医療保険に保険料を支払います 保険者である兵庫県後期高齢者医療広域連合に保険料を支払います
(※ 保険料の徴収業務は市の担当課が行います)
医療機関での受診方法 受給者証と健康保険証を病院の窓口で提示して受診します。 広域連合が交付する「被保険者証」を病院の窓口で提示して受診します。(被保険者証は、平成20年3月下旬に皆さんのお手元に送付します。)
患者の窓口負担 1割負担
(現役並所得者は3割負担)
左記に同じ
(また、1カ月の医療費が高額になった場合の「高額療養費」の支給等は、従来の老人保健と同様の給付が受けられます。)

 

<現在加入している健康保険はどうなりますか?>

75歳(65歳から74歳の方で一定の障害がある人)以上の方はすべて、今加入している健康保険から脱退して、この新しい後期高齢者医療制度の被保険者となります。

<保険料はどうなりますか?>

保険料は被保険者単位で算定します。
被保険者は、保険料を普通徴収(納付書で収めていただく)または、特別徴収(年金からの天引き)の方法によって納めていただくことになります。
→<参考>広報12月号 9ページ(PDF形式 1.26MB)

1人ひとりが被保険者となり保険料を納めるようになりますので、今まで保険料を払っていなかった健康保険組合等の被扶養者の方も保険料を負担することになります。

<保険料率は兵庫県内で統一されます。>

兵庫県内でしたら、どの市町にお住まいでも、同じ保険料率になります。

<保険料の納付について>

保険料は介護保険と同様、年金から天引きにより納付されますので(年間の年金受給額18万円以上の方)、今までのように保険料を納めに金融機関窓口に行く必要がなくなります。ただし、年金から天引きできない方などは、直接納付書で納めていただくことになります。

※広域連合:兵庫県内の地方公共団体が、自らの業務を広域にわたり共同で処理するために設置する
「特別地方公共団体」で、新制度における保険料の決定や医療の給付等を行います。

※新しい情報が入り次第随時掲載していく予定です。

<関連リンク先>

 

 

問合せ
兵庫県後期高齢者医療広域連合 TEL:078-326-2612
もしくは
加西市国保健康課国保医療係
TEL:0790-42-8721 FAX:0790-42-1792  mail:kenko@city.kasai.hyogo.jp
Page Top