TOP市政お知らせ>所得税から住宅ローン控除額を引ききれなかった方は申告が必要です。

所得税から住宅ローン控除額を引ききれなかった方は申告が必要です。

申告期限は平成20年3月17日まで

平成11年から平成18年までの間に入居し、所得税の住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の適用を受けておられる方で、税源移譲の影響によって所得税が減額となり、所得税から控除しきれない額が発生したり、所得税から控除しきれない額が増大した場合には、翌年度の住民税(所得割)から控除できるようになりました。
この制度の適用を受けるためには、納税者自身が、控除に関する申告書を提出する必要があります。

【地方税からの控除額】

住宅ローン控除額か税源以上前の所得税額の小さい方の額から税源移譲後の所得税額を引いた額

(注1)年末時点における住宅ローン控除可能額
(注2)住宅ローン控除を控除する前の税源移譲前の税率による所得税額
(注3)住宅ローン控除を控除する前の税源移譲後の税率による所得税額

平成20年以降、住民税の住宅ローン控除の適用を受けるためには、毎年申告が必要となります。

平成19年分の所得税から控除しきれない額が発生した場合、平成20年3月17日までに、「住宅借入金等特別税額控除申告書」を市税務課又は税務署へ提出してください。

【申告書の提出方法】

住民税の住宅ローン控除の適用を受ける方 申告書の提出方法
所得税の確定申告をされない方
(給与所得のみで年末調整を受けられる方)
源泉徴収票を添付して市税務課へ提出
所得税の確定申告をされる方 所得税の確定申告書とともに税務署へ提出

 

【申告書の作成】

『住宅借入金等特別税額控除申告書』を作成して印刷することができます。 該当するところをクリックし、画面の説明に従って入力してください。

住民税の住宅ローン控除の適用を受ける方 様式の種類

所得税の確定申告をされない方
(給与所得のみで年末調整を受けられる方)
「給与収入のみを有しており確定申告書を提出しない納税者用」申告書の作成
(EXCEL形式 147KB)
所得税の確定申告をされる方 「確定申告書Aを提出する納税者用」申告書の作成(EXCEL形式 135KB)
「確定申告書Bを提出する納税者用」申告書の作成(EXCEL形式 179KB)
  • ※「確定申告書A」は、申告する所得が、給与所得や年金などの雑所得、配当所得、一時所得だけの方で、予定納税のない場合に使用する申告書です。
  • ※ 「確定申告書B」は、「確定申告書A」を使用する場合以外の申告に使用し、農業を含む事業所得や譲渡所得などがある場合に使用します。

 

【申告書の提出にあたっての注意事項】

年末調整済の給与収入のみを有し、確定申告書を提出しない方は

 

平成20年分所得税の確定申告書を提出する方は、

平成20年2月18日(月)から3月17日(月)の申告期間中は、申告相談会場(コミセン3階小ホール)にも申告書を備え置いてあります。
申告相談会場において確定申告書を提出される場合は、それに合わせて「住宅借入金等特別税額控除申告書(確定申告書を提出する納税者用)」を記入していただくことができます。
また、直接、社税務署に確定申告書を提出される場合やインターネットによって確定申告書を提出される場合は、市税務課の窓口又は社税務署で予め入手されるか若しくは本WEBサイトからダウンロードして、確定申告書と一緒に税務署へ提出してください。

 

住宅ローン控除モデルケース

住宅ローン控除Q&A

 

 

問合せ・送付先:加西市 財務部 税務課税制係 
〒675-2395 加西市北条町横尾1000番地
TEL:0790-42-8712  FAX:0790-42-5700  mail:zeimu@city.kasai.hyogo.jp
Page Top