TOP市政お知らせ>まちづくり交付金事業(北条・富田地区)事後評価及びフォローアップ報告書 の公表について

まちづくり交付金事業(北条・富田地区)事後評価及びフォローアップ報告書 の公表について

加西市では、北条・富田地区において平成16年度より国土交通省の事業採択を受け、市営吉野団地2号棟・3号棟建設と黒駒・吉野・坂元の花壇設置による沿道景観整備を実施しました。事業期間は、平成16年度から平成19年度の4ヵ年であり、事業最終年度である平成19年度に作成しました事後評価について、フォローアップを実施し、事後評価の見直しを行いましたので公表します。

◆まちづくり交付金とは

地域の歴史・文化・自然環境等の特性を生かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的に創設された制度です。

◆事後評価とは

まちづくり交付金では、交付期間終了後の効果の持続や次のまちづくりへ展開を図るため、市町村が作成した事後評価方法書をもとに、まちづくり目標(事業実施前に数値指標を設定)に対する達成状況を確認します。その結果、交付金がもたらした成果等を客観的に診断し、成否の要因を分析して、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、これらを住民に分りやすく説明することを目的としています。

◆フォローアップとは

上記事後評価における、まちづくり目標に対する達成状況の見直し(見込値を確定値に)を行うとともに、その結果を踏まえ、今後のまちづくり方策の進捗状況の確認やフォローアップにより新たに追加が考えられるまちづくり方策を整理して、再度今後のまちづくりを適正な方向に導くことを目的としています。

主な事業概要

まちづくりの目標/魅力あふれる加西らしい農村集落の形成

  • 加西らしい花を活かしたまちづくりにより、地域の魅力及び活力の向上
  • 若年ファミリー世帯や高齢者が住みやすい住環境の形成と地域コミュニティの活力向上

主な事業内容

市営吉野団地2号棟・3号棟建設

写真 市営吉野団地2号棟・3号棟建設 吉野団地全景パース

黒駒・吉野・坂元の花壇設置による沿道景観整備

写真 黒駒 写真 吉野 写真 坂元

事後評価の概要

<指標及び目標値>

地区の40歳未満の人口(増加率)/−3%(従前値) → +3%(目標値)

集会活動回数/3回(従前値) → 16回(目標値)

<数値目標の達成状況>

地区の40歳未満の人口/−3%(確定値):達成できなった(達成できなかったため、吉野自治区内の40歳未満の人口を代替指標として設定)⇒自治区内の40歳未満の人口 : 33人 → 78人

集会活動回数/17回(確定値):達成できた

※公表する事後評価はこちら
まちづくり交付金事後評価(北条・富田地区)(PDF形式 93KB)
まちづくり交付金フォローアップ報告書(北条・富田地区)(PDF形式 39KB)

 

参考

※まちづくり交付金(北条・富田地区)事業計画はこちら → 都市再生整備計画第3回変更(北条・富田地区)(PDF形式 1.19MB)

※事後評価の方法についてはこちら → まちづくり交付金事後評価方法書(北条・富田地区)(PDF形式 28KB)

 

 

縦覧場所・問合せ先:都市開発部 都市計画課 
TEL:0790-42-8753  FAX:0790-42-1998  mail:toshi@city.kasai.hyogo.jp
なお、市役所5階の都市計画課窓口で事後評価及びフォローアップ報告書の縦覧を行っています。
縦覧期間:平成21年5月18日(月)〜平成22年5月17日(月)の午前8時30分から午後5時15分まで ※ただし、土日祝日を除く。

Page Top