TOP市政お知らせ>人権週間

人権週間

12月4日(火)から10日(月)までの1週間は人権週間です。

世界人権宣言は、昭和23年12月10日パリで開催された第3回国連総会において採択されました。
法務省及び全国人権擁護委員連合会では、これを記念して翌24年から毎年12月10日の「世界人権宣言」採択日を最終日とする1週間(12月4日から10日まで)を「人権週間」と定め、各関係機関及び団体の協力を得て、広く国民に呼びかけ人権思想の普及と高揚を図るための諸行事を実施しています。
この世界人権宣言が目標とする「すべての人間の生まれながらの尊厳と権利とその平等性を承認する。」という理念について、この人権週間を通して住民の皆さん一人ひとりに考えていただくきっかけになればと願っております。
人権は、人間が生活する上で、最も大切な権利です。人権は自分だけのものではなく、すべての人が持っているものであり、互いに人権を尊重しあわなければなりません。つまり人権は共存するものなのです。

特設人権相談

神戸地方法務局社支局と社人権擁護委員協議会加西部会では、この人権週間行事の一環として12月4日(火)午前10時から午後3時まで加西市市民会館コミセン1階において特設人権相談を開設します。
人権問題(差別的取扱い・暴行虐待・プライバシー侵害・いやがらせ・いじめなど)でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。
相談は無料で秘密は守られます。
詳しくは下記までお問い合わせ下さい。

問い合わせ先/加西市役所市民福祉部ダイバーシティ推進課   Tel:0790-42-8727(直)

平成19年度「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」について

拉致問題の早期解決は、加西市民の心からの願いです。
12月10日(月)〜16日(日)
「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」

1970年代から1980年代にかけて、多くの日本人が不自然な形で姿を消しましたが、これらの事件の多くは、北朝鮮による疑いが持たれています。 日本政府は、これまで17名を北朝鮮により拉致被害者として認定していますが、さらにこのほかにも拉致の可能性を否定しきれないケースがあります。
2002年(平成14年)9月に北朝鮮が日本人拉致を初めて認め、10月に5人が帰国しましたが、他の被害者については、未だ北朝鮮から安否の関する納得のいく説明はありません。残された被害者たちは、今なお、すべての自由を奪われ、30年近く北朝鮮に囚われたままの状態で、現在も救出を待っています。

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top