TOP市政ニュース!>加西市指定文化財に指定

加西市指定文化財に指定

平成23年4月28日。
加西市教育委員会は3月25日、次の3件を市指定文化財として指定しました。この結果、市指定文化財は、当該3件(彫刻2件、考古1件)を新たに指定したことで46件となりました。

 

■大日如来坐像(像高104.7cm)
写真 加西市指定文化財に指定
所在地/宝泉寺大日堂(鎮岩町)
指定理由/鎮岩町の霊泉「潮井」にちなむ潮湧山宝泉寺大日堂の本尊であり、等身を超える像です。平安時代後期の当地での制作と考えられ、当市における優品です。

 

■二天立像 
左:多聞天像(像高155.6cm) 右:持国天像(像高158.4cm)
写真 加西市指定文化財に指定 写真 加西市指定文化財に指定
所在地/宝泉寺大日堂(鎮岩町)
指定理由/宝泉寺大日堂の本尊の左右に安置される二天立像です。ほぼ等身の堂々たる武装形です。多聞天像は鎌倉時代、持国天像は平安時代後期に制作されたと考えられています。

 

■亀山古墳副葬品埋納施設出土遺物
写真 加西市指定文化財に指定
所在地/加西市埋蔵文化財整理室(北条町古坂)
指定理由/亀山古墳埋葬施設内の副葬品埋納施設から出土した鉄鏃、農耕具等の一括遺物です。古墳時代中期(5世紀)の副葬品の状況が明らかになった全国的にも貴重な資料です。

 

 

問合先 教育委員会 文化スポーツ課 生涯学習・文化財
TEL:0790-42-8775 FAX:0790-43-1803 mail:koryu@city.kasai.lg.jp

Page Top