TOP市政ニュース!>国の登録有形文化財に、新たに2ヵ所が登録

国の登録有形文化財に、新たに2ヵ所が登録

写真 国の登録有形文化財に、新たに2ヵ所が登録 写真 国の登録有形文化財に、新たに2ヵ所が登録
写真  左から大信寺住職の岡本教穂さん、水田とし子さんと加代子さん

平成21年6月3日。
この度、水田家住宅(北条町横尾)と大信寺本堂(北条町北条)が国の登録文化財として登録され、平成21年6月3日に市役所で国登録文化財登録証等の贈呈式が行われました。中川市長が各々の所有者に登録証と登録プレート等を手渡しました。
これにより市内の国の登録文化財は5ヵ所(16件)となりました。

 

写真 水田家住宅
水田家住宅(4件:主屋・書院・内蔵・北蔵/北条町横尾)
大正11(1922)年に建てられた主屋は、旧丹波往来に面する木造2階建の入母屋造り。1階西側は座敷で前面に格子を備え、2階は漆喰で塗り込められ、屋根の東西端に装飾と防火を兼ねた袖卯建を設置。旧街道の面影を感じさせる町家建築です。

 

写真 大信寺
大信寺本堂(北条町北条)
弘化2(1845)年建立。深くせり出した庇を支える組物が建立当時のまま残り、礼拝を行う外陣と本尊を安置する内陣の間に段差がない造りが特徴。標準的な浄土宗本堂で、幕末らしい内部構成が見られます。貞享3(1686)年、小田原藩領になった際、城主大久保氏の菩提寺となりました。

 

 

問合先 自己実現サポート課
TEL:0790-42-8773 FAX:0790-43-1803  mail:koryu@city.kasai.lg.jp

Page Top