TOP市政ニュース!>市立加西病院 地方公営企業法の全部適用へ移行

市立加西病院 地方公営企業法の全部適用へ移行

写真 市立加西病院 地方公営企業法の全部適用へ移行
写真 全部適用への移行に伴い山邊院長(左)を事業管理者に任命

平成21年12月1日。
市立加西病院は、12 月1 日付で地方公営企業法の財務規定のみを適用する「一部適用」から、組織や職員の身分取扱等を含むすべての規定を適用する「全部適用」に移行しました。これは、全国的な医師不足をはじめとして、病院を取り巻く環境が大変厳しい状況になっており、医療制度改革等にも迅速に対応し、魅力ある病院とするための措置です。全部適用に移行しても、加西市直営の公立病院であることに変わりはなく、今の診療内容等が変わることはありません。

地方公営企業法の全部適用とは

地方公営企業法のすべてを適用することで、従来は市長にあった組織、人事などの権限が事業管理者に移行し、病院運営に求められる柔軟性、迅速性に富んだ取り組みが可能となります。

 

→WEB市長室「市立加西病院事業管理者任命式」へ
市立加西病院ホームページ

 

問合先 市立加西病院 総務課
TEL:0790-42-2200 FAX:0790-42-3460 mail:byoin@city.kasai.lg.jp

Page Top