TOP市政ニュース!>加西市が神戸大学と包括協定を締結

加西市が神戸大学と包括協定を締結

加西市は平成21年5月19日、神戸大学と連携協力に関する協定を同大学において締結しました。

調印式では、福田秀樹学長が「大学附属施設(農学研究科附属食資源教育研究センター)の所在する自治体との連携は大事で、昨年来、協定締結に向け協議を重ねてきた。加西市の文化・教育、歴史遺産の活用によるまちづくり等の分野から市の活性化に寄与したい。鶉野飛行場跡地等、地域に残る歴史文化遺産の学術調査を行うことは、両者にとって重要かつ必要なこと」と挨拶。
また、中川暢三市長は「神戸大学にはこれまで、加西病院への医師派遣、食資源の開発、歴史遺産の現地調査等協力を得てきたが、このたびの包括協定を機に、様々な分野における官学の連携を一層強化して双方の成果を挙げるとともに、まちづくりや地域の活性化につなげたい」と挨拶し、パートナーとしての協力をお願いしました。

今後は、鶉野飛行場跡の調査を継続するとともに、農学研究科附属食資源教育研究センターを中心とした地域課題に関する意見交換を行います。
両者は、相互に生涯学習等に関する諸問題、文化遺産を活用した地域との連携事業について、協同で研究等に参画します。協定の期間は3年間で、両者の合意により更新。

加西市は、神戸大学との連携協定締結が兵庫教育大学、関西大学、東洋大学に続き4番目となります。

 

問合先 ふるさと創造部 人口増政策課
TEL:0790-42-8700 FAX:0790-43-1800 mail:jinko@city.kasai.lg.jp

Page Top