TOP市政ニュース!>交通死亡事故多発非常事態を宣言

交通死亡事故多発非常事態を宣言

写真1 交通死亡事故多発非常事態を宣言
緊急対策会議で交通死亡事故多発の非常事態宣言をする中川市長

平成21年4月2日。加西市は、交通死亡事故が続発していることから、加西市交通事故抑止緊急対策会議を開催し、非常事態宣言を発令しました。期間は平成21年5月6日まで。
会議には、中川市長はじめ、加西警察の石田署長ほか、区長会、婦人会、老人クラブ、交通安全協会や自家用自動車協会等の代表者ら16名が参加。
交通安全を呼びかける横断幕や看板、上り旗の設置、広報車による巡回、防災ネットでの配信、チラシの配付等で啓発活動をすることとしました。
市内では、昨年11月から本年3月までに、毎月連続して交通死亡事故が7件発生、このうち5件の事故で高齢者が亡くなられました。

交通死亡事故発生状況

月日
時間
場所
11月5日 17時40分ごろ 西笠原町
11月13日 10時50分ごろ 北条町
12月27日 17時30分ごろ 北条町
1月19日 21時30分ごろ 田原町
2月5日 20時00分ごろ 福住町
3月18日 21時00分ごろ 殿原町
3月29日 7時50分ごろ 東剣坂町

みんなの小さな実践が事故を防ぎます。

市民のみなさん。交通事故は決して他人ごとではありません。車を運転するときは、速度を控えめにして、ゆとりを持って運転しましょう。
夜間、暗い道路では歩行者や自転車の発見が遅れます。早めの点灯と対向・前車のない時のライトの上向きに努めましょう。歩行者や自転車利用のみなさん。あなたに近づく車の運転手は、あなたのことに気づいているでしょうか。夜間は明るい服装に心掛け、反射材を着装しましょう。

 

問合先 総務部 危機管理課
TEL:0790-42-8751 FAX:0790-43-1800 mail:bosai@city.kasai.lg.jp

Page Top