TOP市政ニュース!>ひとり暮らしの高齢者から火災を守ろう

ひとり暮らしの高齢者から火災を守ろう

写真1 ひとり暮らしの高齢者から火災を守ろう
火災警報器を取り付ける消防団員

平成21年1月18日。加西市少年婦人防火委員会は、市内の75歳以上のひとり暮らしの方102名を対象に住宅用火災警報器を各町民生委員さんや消防団員の協力により設置しました。当委員会は、高齢者の住宅火災による死傷者絶滅をめざし、社団法人全国消防機器協会「社会貢献委員会」から県下で唯一、住宅用火災警報器等の配布モデル地区団体として推薦を受けています。
住宅火災警報器は、平成23年6月1日から市条例により、全ての住宅への設置が義務付けとなります。

 

 

問合先 消防本部
TEL:0790-42-0119 FAX:0790-42-3435 mail:shobo@city.kasai.lg.jp

Page Top