TOP市政ニュース!>最小限に被害をくい止めるため防災訓練実施

最小限に被害をくい止めるため防災訓練実施

写真1 最小限に被害をくい止めるため防災訓練実施 写真2 最小限に被害をくい止めるため防災訓練実施
(左)消火器を使用した初期消火訓練
(右)負傷者を応急手当

写真3 最小限に被害をくい止めるため防災訓練実施 写真4 最小限に被害をくい止めるため防災訓練実施
(左)体育館では女性らが炊き出し
(右)校舎屋上から負傷者をヘリで救出

加西市と富合地区区長会は9月7日、富合小学校区自主防災総合訓練を行い、住民と関係機関の職員など約800人が参加しました。
大規模な災害が発生した場合、市・消防などの防災関係機関だけでは十分な対応ができず、被害を最小限にくい止めるための防災活動に必要な知識、技術を習得することが目的です。

午前8時に山崎断層地震(M7.7)が発生し大きな被害が出たとの想定で、サイレンの吹鳴により各町の避難場所に集合した住民は人員点呼・携行品の点検を受け、避難誘導班の指導のもと富合小学校に集合。

子供や高齢者、負傷者を除き、参加者は3班に分かれ、消防、自衛隊、警察等の指示を受けながら、消火器を使用した初期消火訓練、応急手当訓練、炊き出し訓練などを実践したほか、火災により校舎に取り残された負傷者を、応援要請した県消防防災航空隊が屋上から吊り上げてヘリコプターに救出する訓練も実施しました。

 

問合先 ふるさと創造部 人口増政策課
TEL:0790-42-8700 FAX:0790-43-1800 mail:jinko@city.kasai.lg.jp

Page Top