TOP市政ニュース!>春の叙勲 加西市から3名受賞

春の叙勲 加西市から3名受賞 

地域の皆さまに大きくしていただいた
旭日双光章(元加西市会議長)
松本 芳男さん(79)山下町
写真1
「周囲の応援があったからこそ、このような名誉ある賞をいただくことができました。」と穏やかに微笑む松本さん。
昭和54年に地元の推薦を受け、市職員から市議会議員へ転身。その後4期16年を務め、議長も経験しました。
市経済部長時代は、第1回サイサイまつりの開催や、北条鉄道の第3セクター化などに携わり激動の時代を駆け抜けました。その経験と人脈を生かして議員として土地改良事業などに尽力し、地元との調整に心をくだいてきました。現在は、作物の実りを見るのが楽しみで、いずれ加西の特産物を作るのが夢だそうです。

 

自主的に動いてくれた局員達に感謝
瑞宝双光章(元富合郵便局長)
西村 嘉正さん(70)別府町
写真2
「従業員や地域の方々、人に恵まれて今の自分があります。」と謙虚に語る西村さん。
高校卒業から45年余り、特定郵便局一筋に務め、播磨北郵便局長会会長、近畿特定郵便局長会理事なども歴任しました。
富合郵便局長になってからは、局員の意見を柔軟に取り入れる姿勢が周囲に影響を与え、「ヒョウタンの苗プレゼント」など次々と斬新な企画を実践し、保険事業では近畿で1番になることも珍しくありませんでした。郵政民営化を間近に控えたこの時期の受賞は正直心苦しく、この先の郵政事業に対して、不安に思いながら見守っている毎日です。

 

医療と看護は車の両輪
瑞宝双光章(元加西病院看護部長)
熊谷 佳代さん(64)畑町

写真3
「看護師の仕事をただ精一杯やってきただけ。続けられたのは周りの支えがあったからこそ。」受賞の第一声は周囲への感謝でした。
昭和41年に市立加西病院に赴任。54年から婦長、平成3年から看護部長を務めた。
「医療と看護は車の両輪です」どんなときも、看護学校時代の恩師の言葉を胸に、看護師として誇りを持って仕事に励み、常に患者のことを考えた看護体制の確立に力を注いできました。現在は近くの公民館で「いきいきサロン」などで健康づくりに取組んでいます。「地域の役に立ちたい」退職した今も生きるということに真剣に向かい合う毎日です。

 

 

問合先 経営戦略室
TEL:0790-42-8700  FAX:0790-43-1800  mail:keiei@city.kasai.hyogo.jp
Page Top