TOP市政ニュース!>加西市WEBサイトがアックゼロヨン・アワード2006に優秀作品として入賞

加西市WEBサイトがアックゼロヨン・アワード2006で入賞!

 

平成18年10月31日。
アックゼロヨン実行委員会及び、社会福祉法人プロップ・ステーションが主催する「アックゼロヨン・アワード2006」の表彰式が2006年10月31日、東京国際フォーラム(ホールD)にて開催されました。
アックゼロヨン・アワード2006とは、対象をWebサイトに限定し、ビジュアルやエンターテインメント性だけでなく、アクセシビリティまでを評価対象とした、国内初にして唯一の官民一体のアワードです。
今回のアワードでは、官民問わず総計139サイトの応募があり、上位22サイトを「入賞サイト」として認定され、今年度4月1日にリニューアルした加西市WEBサイトは、優秀作品として入賞し、認定証の授与が行われました。

アックゼロヨンの取り組みに対しては総務省、経済産業省、国土交通省、厚生労働省、環境省、外務省が後援をしており、最優秀部門サイト(4サイト)、及びスポンサー賞、特別賞、並びに各大臣賞の授与が行われ、表彰式には、麻生外務大臣、冬柴国土交通大臣、柳澤厚生労働大臣がご出席されました。

審査方法

審査方法は10人の審査員が、持ち点10によって採点を行いました。審査の視点は、各専門分野において、独自の視点によって行われました。(X)HTML+CSSといったソースコードはもちろん、アクセシビリティ、ユーザビリティ、視覚表現、サイト構造、SEO、情報デザインなど多くの分野にて採点されました。例えば、すべてのサイトの音声読み上げ審査。アクセシビリティのみのチェック。サーチエンジンを使った審査。ソースコードを含めたサイトの設計から使いやすさを審査。逆に一切ソースコードを見ないで、視覚デザインを中心としたクリエイティブに重点を置いた審査が行われました。

アックゼロヨン・アワード2006の入賞サイト一覧

チャレンジド賞:横浜市立盲学校

加西市WEBサイトについて

加西市WEBサイトは今年度4月1日リニューアル以降、地域のいまの動きを伝える「ニュース」など、情報発信に関して、ほぼ毎日更新を行い、GoogleMapsAPIを使用して地図と結びつけるなどの取り組み行っています。
アクセシビリティに関しては、HTMLをできるだけシンプルに記述してデザインはCSSに任せることを徹底しました。それによって、スタイルシートなしでもある程度閲覧でき、携帯や音声ブラウザからの閲覧にも耐えられるサイトになっています。他にもアクセシビリティ診断ツール等を使用し、JISX8341-3に対応するよう努めており、日経BP社より発行の『日経パソコン』平成18年7月24日号にて発表された「e都市ランキング2006」におけるアクセシビリティ項目に関して、9.6点(10点中)と、総合全国一位の西宮市をも上回る高得点を獲得し、県下では1位、全国でも8番目という好成績でした。
そして、当市サイトの最大の特長は、部署単位の情報発信ではなく、利用者視点で市として統括的に情報発信し、それにあわせたデザインと情報の分類でWebサイト構築を行っており、それを所属を問わず集まった市職員4名で構成されたプロジェクトチームによる手作業で作られたサイトであることです。そのため、改善すべき点も多いですが、だからこそ適時改善を積み重ねられるという利点にもつながっています。
今後も、より使いやすいWebサイトを目指し、質の向上を図っていきたいと思います。

※アクセシビリティとは
情報やサービス、ソフトウェアなどが、どの程度広汎な人に利用可能であるかをあらわす語。特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、どの程度利用しやすいかという意味で使われることが多い。"accessibility" とは「近づきやすさ」「接近容易性」といった意味の英単語であり、Webサイトに関しては主に使いやすさを表しています。

 

アックゼロヨン
社会福祉法人プロップ・ステーション

 

加西市Webサイトのアクセシビリティ対策について(平成18年7月24日掲載)
加西市WEBサイトリニューアルオープン!(平成18年4月1日掲載)

 

 

問合先 経営戦略室
TEL:0790-42-8700  FAX:0790-43-1800 mail:keiei@city.kasai.hyogo.jp  
Page Top