TOP市政財政状況健全化判断比率と資金不足比率>資金不足比率(平成29年度決算)

資金不足比率(平成29年度決算)

公営企業会計ごとの資金の不足額が、事業の規模に対してどの程度あるのかを示す指標です。事業の規模とは、料金収入など主たる営業活動から生じる収益等に相当する額のことをいいます。
この比率が経営健全化基準を超えた場合は、企業ごとに経営健全化計画を策定し、経営健全化に取り組まなければなりません。

■算式

資金不足率(%) = 資金不足額 / 事業規模
資金不足額 = (流動負債+建設改良費等以外の経費の財源に充てるための地方債の残額−流動資産)−解消可能資金不足額
事業規模 =営業収益額−受託工事収益額

■各企業会計の事業規模等(単位:千円・%)

公営企業会計の名称
平成29年度決算
事業規模
資金不足比率
水道事業特別会計
資金不足額なし
923,328
下水道事業特別会計
資金不足額なし
931,777
病院事業特別会計
191,404
4,643,989
4.1%
農業共済事業特別会計
資金不足額なし
97,828

※資金不足額がないものは、資金不足比率は「−」となっています。

 

問合先 総務部 財政課
TEL:0790-42- 8710 FAX:0790-42-1586 mail: zaisei@city.kasai.lg.jp

Page Top