TOP市政加西市の計画・施策 >加西市グリーンエナジーシティ構想を策定

加西市グリーンエナジーシティ構想を策定

【平成25年3月5日掲載】

この度、加西市は「地球に優しい環境都市加西」を実現することを最終目標として、「加西市グリーンエナジーシティ構想」を策定しました。
これは、過去に加西市が発表した「加西市環境基本計画」「加西市地域新エネルギービジョン」などを踏まえて、エネルギーの自給率を高めるために、「創エネ」、「省エネ」、「蓄エネ」の3つの取り組みを効率よく活用した手法をまとめたものです。

本構想の「創省蓄エネ」施策の実施を通じ、都市全体(まち)と建築物(住まい)の2つのスケール(規模)を対象として、加西市全体の電気エネルギーの自給率と環境効率を明らかにします。

目標

■指標

市内全体の平成21年度の電力自給率を基準とした各年度の自給率の増加割合とする。

■数値目標

平成32年度の増加割合を平成21年度の10倍とする。

※環境効率は、CASBEE(Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency)という評価尺度を用いて算出します。本構想の進捗状況は、環境効率により定量化します。

具体的な取り組み

本構想にある「創省蓄エネ」の次の取り組みなどを平成25年度から実施します。

  • グリーンタウン計画
    住宅用太陽光発電システムが集中配置した場合であっても、公平な売電が可能となる加西市独自の工夫を施した電力網を導入します。
  • 太陽光エネルギー利用に関する補助制度(問合先 環境課 TEL:0790-42-8716)
    住宅用太陽光発電システムの導入に係る工事に対する補助金を設けます。
  • 学校施設への太陽光発電システムと蓄電池の設置
    校舎の耐震補強工事などに併せて、10kwの太陽光発電システムと10kwhの定置型蓄電池を設置します。
  • LED防犯灯への更新
    市内の約3,200基の防犯灯をLED防犯灯に更新し、消費電力量を削減し、ランプの高寿命化を図ります。
  • 公用車への電気自動車の導入推進
    ガソリンを燃料とする公用車の更新に併せて、電気自動車の導入を推進します。また、市内の公共施設において、電気自動車の充電設備の導入を推進します。

 

問合先 生活環境部 環境課(市役所付属棟2階)
TEL:0790-42-8716 FAX:0790-42-6269 mail:kankyo@city.kasai.lg.jp

Page Top