平成14年度の取組結果

◆地球温暖化問題と加西市地球温暖化対策実行計画

 地球温暖化は、大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスが増加し、これに伴って地表面からの温度が上昇する現象です。地球環境への影響としては、@海面水位の上昇A異常気象の増加B生態系へのわたした ちの生活に甚大な被害が及ぶ可能性が指摘されています 。こうした中、平成9年に地球温暖化防止京都会議(COP3)、平成11年に「地球温暖化対策の推進に関する法律」が施行されました。加西市地球温暖化対策実行計画は、加西市の事務・事業に関し、温室効果ガスの排出抑制を図り、地球温暖化対策を総合的かつ計画的に推 進するための計画として策定しています。

◆計画目標及び平成14年度結果

 計画目標は、CO2換算温室効果ガスの総排出量について、平成16年度において平成10年度からの上昇率を10%以内に抑制するものです。
 平成10年度におけるCO2換算温室効果ガス総排出量は13,026トン、平成14年度においては14,805トン、平成10年度と比較しますと約14%増となっています。昨年度に比べ約3%減とな って います。
 市の事務・事業におけるCO2換算温室効果ガス総排出量のうち、約42%が電気の使用によるもの、約40%がごみの焼却によるもの、約17%が燃料の使用によるものです。

<年度比較>

温室効果ガス総排出量 (CO2換算)

年度
温室効果ガス総排出量
(CO2換算)
基準年との
増減比較
平成10年度 13,026トン (基準年)
平成11年度 14,632トン 12%増
平成12年度 13,688トン 5%増
平成13年度 15,221トン 17%増
平成14年度 14,805トン 14%増
平成16年度 14,293トン
(目標)
10%以内に
抑制

温室効果ガス排出量(棒グラフ)

<平成14年度>温室効果ガス(CO2換算)の排出要因について

内訳
温室効果ガス総排出量
(CO2換算)
割合
電気の使用に
伴うもの
6,248トン 42.21%
ごみの焼却に
伴うもの
5,972トン 40.34%
燃料の使用に
伴うもの
2,491トン 16.83%
その他
94トン 0.62%
総量
14,805トン 100.0%

温室効果ガス排出原因(円グラフ)

★詳しいデータ

  温室効果ガス排出量<年度別比較表>
  温室効果ガス計算表<平成14年度> <平成13年度> <平成12年度> <平成11年度> <平成10年度>

◆平成14年度事務・事業(125施設・公用車144台)の伴う具体的な活動量(平成10年度との比較)

(1)電気の使用量

 平成14年度の電気使用量は16,272,779kWhです。市庁舎並びに各施設において昼休みの消灯、OA機器の主電源オフ、冷暖房の温度管理の徹底(冷房時28℃・暖房時18℃)等節電の取組み を実施しましたが、下水道処理施設の新設、ごみの焼却 量の増加等により約12.5%(1,802,441kWh)増加しました。

(2)ごみの焼却量

 平成14年度のごみの焼却量は12,718トンです。事業系のごみが約54%、家庭系のごみが約46%です。ごみの分別収集、リサイクル(美バースデー)にご協力いただいておりますが、ダイオキシン 問題等による野焼き禁止、焼却炉の構造基準の改正、ご みの罰則強化等により約41%(3,670トン)増加しました。

(3)燃料の使用

 平成14年度の燃料使用量はガソリン58,780リットル、灯油535,836リットル、軽油77,400リットル、A重油260,800リットル、LPガス29,976kgです。公用車の集中管理 、利用合理化(乗り合わせ)、アイドリングストップ、 冷暖房の温度管理の徹底、クリーンセンターの24時間運転等を実施したことにより、ガソリン約830リットル(約1%)の増、灯油約90,600リットル(約14%)の減、軽油約17,160リットル(約18%) の減、A重油約31,100リットル(約11%)の減 、LPガス約560kg(約2%)の増となりました。

(4)市庁舎における用紙類の使用

 用紙の使用枚数は約5,030,000枚と約2%増となっています。また、再生紙利用率は約90%(約36%)増となっており、森林資源の保護に取り組んでいます。

問合先 生活環境部 環境創造課
TEL:0790-42-8730 FAX:0790-42-6269 mail:kankyo@city.kasai.lg.jp
Page Top