TOP > 市政 > 加西市長室 > トピックス >平成25年07月22日  姫路獨協大学・本多学長、奥田教授と面談

トピックス

平成25年07月22日  姫路獨協大学・本多学長、奥田教授と面談


本多学長(左)と面談する西村市長

 

今回の姫路獨協大学・本多学長との面談は、同大学・国際交流センターの奥田教授が、同大とアメリカの大学との、交流プログラムのひとつとして「田舎暮らし体験プログラム」で、加西市上万願寺町のNPO法人原始人会の交流館においでになったときに、一度学長との面談をと声を掛けていただいたことがきっかけでした。

本多学長は、薬学がご専門の方で、ご自身の田舎(彦根市出身)が都会化してきたことを憂い、また、今の若い人を見ていて生命力が弱い気がする。それを養うことができるのが田舎であるとの思いで、大学の裏山をビオトープ化されています。
そういう意味で、奥田教授が学生(留学生)たちに加西市で田舎体験をさせる取り組みをされていることが、日本の原体験にもつながると評価されています。

私自身、姫路市にある大学に加西市でいろんな事業を展開してくださいなどというのは、いささか遠慮もあったのですが、本多学長より「姫路市にある学校だけれど、私どもは姫路市にこだわらず、播州一円を地元と考えています。 ぜひ、いろいろと一緒にやっていきましょう」とのありがたい言葉をいただき、正直嬉しく思っております。

我が意を得たり。現在、加西市では若者チャレンジ事業を立ち上げようとしております。
市内外の高校生や大学生といった若者が加西市でまちづくり等の活動をされるのを応援していこうというものです。
ぜひ、姫路獨協大学の生徒の皆さんにも、できるだけ加西市に足を運び、加西のまちづくりに協力いただける仕組みを作っていきます。

 

問合先 ふるさと創造部 秘書課
TEL:0790-42-8701 FAX:0790-43-0291 mail:hisho@city.kasai.lg.jp

Page Top