TOP > 市政 > 加西市長室 > トピックス >平成25年05月01日  播磨国風土記1300年祭実行委員会の設立総会

トピックス

平成25年05月01日  播磨国風土記1300年祭実行委員会の設立総会


播磨国風土記1300年祭実行委員会の委員の皆さん

 

風土記編纂の官令が出されたのが和銅6年(713年)5月2日、明日でちょうど1300年を迎えます。そして、全国で最も早く風土記が編纂されたのが、私たちのふるさと播磨国で715年に編纂されたというのが通説です。

古から、風土記をはじめ、現存する歴史文化資産から、播磨国は豊かであり、日本の中心地のひとつであったことがうかがえます。風土記を契機に、ふるさとの歴史について紐解き、わたしたちのアイデンティティーを呼び起こそうではありませんか。この機に、風土記1300年を起爆剤にしたまちづくり、地域起こしを展開したいと考えています。

本日、加西市で播磨国風土記1300年祭実行委員会の設立総会を開催しました。
県からは、高井兵庫県教育長、竹本北播磨県民局長に顧問として名前を連ねていただきました。また、市内からは、千石商工会議所会頭には顧問として、是常観光まちづくり協会会長、小路区長会長、谷勝連合婦人会長には副委員長に、また各種団体を代表する方々に、幹事委員、委員にご就任いただきました。心より感謝申し上げます。
また、播磨広域連携協議会の旗振り役である姫路市の飯島副市長には記念講演をいただきました。ご講演の中では、幕末から明治にかけて播磨地方が播磨県であった時期があり、一時は首都機能をということもあったなどとの逸話も飛び出しした。

この実行委員会の立ち上げにより、今年から2015年までの2年間、加西市はもとより、北播磨で、播磨一円で、ひいては兵庫県下で、歴史的な取り組みがなされることを期待しております。

 

問合先 ふるさと創造部 秘書課
TEL:0790-42-8701 FAX:0790-43-0291 mail:hisho@city.kasai.lg.jp

Page Top