TOP > 市政 > 加西市長室 > メッセージ > 新年のご挨拶

メッセージ

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。皆様には、健やかに希望に満ちた新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

おかげさまで市長就任から2度目の新年を迎えました。昨秋、福島県南相馬市を訪れる機会があり、桜井南相馬市長と懇談するとともに、震災の傷跡を見てきました。震災から1年半以上がたっているにもかかわらず、復興が遅々として進まず、復興事業が一自治体だけではどうにもならないことのジレンマに陥っておられるのかと思いきや、桜井市長は、市民や国だけではなく、全国の自治体、全世界の国々へ被災自治体の首長として発信をされておりました。
私は、首長である私の役割は、市民の皆様の思いを汲み上げ、市政に反映することであり、必要なことには適宜取り組み、皆様にお示ししたことは着実に実行していくことであると考えております。
今年の年頭にあたり、職員に対し、漫然と仕事をするのではなく、一人ひとりが結果を出すために仕事をするように訓示したところです。

さて、「5万人都市の再生」を目指し掲げましたマニフェストの81項目のうち、子育て支援策から高齢者施策まで、昨年中に8割近く着手(うち3割は達成)することができました。具体的には、中学3年生までの医療費無料化をはじめ、2人目以降の保育料負担軽減、中学校給食の全校実施に向けた給食センターの実施設計、介護保険の充実やシルバー人材センターへの支援拡充による高齢者の就労機会の確保などです。
特に今年は、マニフェスト項目以外でも、下里地区における教育研修所跡地の宅地開発をはじめ、集合住宅への補助制度の運用開始など人口増に向けた具体的な事業を含め、少しずつですが成果が見えてくることと思います。

また、今年は、私が就任時から申し上げてきました「ふるさと創造会議」の立ち上げの年になると期待しています。ふるさと創造会議は、地域の皆様が予算も権限も持ち、主体的に自分たちの地域の課題に取り組んでいただくものです。
加西市には141の自治会組織があり、区長様を中心にしっかりとした自治が確立されています。昨年9月議会において、各小学校区300万円の通学路修繕費の補正予算を承認いただき、校区ごとで修繕対象とする通学路の調整をお願いしました。結果、地域の利害関係よりも地域の子どもたちのことに主眼を置いて、すべての地区で素晴らしい調整をしていただきました。
このように、地域づくりには、世代を超えて、互いに支えあい、思いやることが不可欠です。地域の皆様による地域づくりと行政による支援の新しいあり方として、「ふるさと創造会議」を立ち上げてまいります。私たちのふるさと加西の再生に向けての第一歩となると期待しておりますので、一層のご理解とご協力をお願い申し上げます

結びになりますが、皆様の益々のご健勝とご多幸を心から祈念申し上げまして、新年のごあいさつといたします。

平成25年1月1日

問合先 ふるさと創造部 秘書課
TEL:0790-42-8701 FAX:0790-43-0291 mail:hisho@city.kasai.lg.jp

Page Top