TOP仕事農業>有害鳥獣被害

有害鳥獣被害 

近年、市内において野生鳥獣(イノシシ・シカ)による農作物被害が増加し、極めて深刻な問題となっています。さらにここ数年、外来鳥獣(ヌートリア・アライグマ)により、農作物被害だけでなく、生活環境被害までも発生しています。農産物・生活環境被害が発生した場合は鳥獣捕獲等により駆除する事は出来ますが、市民自ら被害を未然に防ぐことが最も有効な対策であると言えます。
ここでは、これら有害鳥獣による様々な被害を未然に防ぐために、それぞれの生態等をお知らせします。

詳細な生態と被害対策について

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)が平成17年6月1日から施行されました。
外来生物法は、特定外来生物による生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害を防止するために、問題を引き起こす海外起源の外来生物を特定外来生物として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入といった取扱いを規制し、特定外来生物の防除等を行うことを目的とした法律です。

アライグマ・ヌートリアをはじめとする動植物が特定外来生物に指定され、飼い主の責任が一層重くなりました。
詳しくは環境省のホームページをご覧ください。

各種対策計画について

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)に基づき、地方自治体において「防除実施計画」を策定することによって捕獲・処分等の「防除」が可能となるため次の計画を策定しております。

また、鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(鳥獣被害防止特措法)に基づき、「被害防止計画」を策定しております。

防止対策や狩猟・有害捕獲に関するお問い合わせは市役所農政課へご相談ください。

問合先 地域振興部 農政課
TEL:0790-42-8741 FAX:0790-43-1802 mail:nosei@city.kasai.lg.jp

Page Top