TOP仕事都市計画について>加西市定住促進まちづくり助成制度

加西市定住促進まちづくり助成制度

加西市は、定住促進による人口増対策の一環として、市民の自主的・自発的なまちづくり活動や、特別指定区域制度の活用を図るための活動、新規居住者の住宅区域における土地活用を促進する事業に対して、定住促進まちづくり交付金を交付する制度を定めました。
これにより、次の事業に対して、費用の一部を助成します。詳細に関しては、下記の問合せ先までご連絡ください。

加西市定住促進まちづくり助成金交付要綱(PDF形式:195KB)

■対象事業

事業名 内容
まちづくりアドバイザー派遣事業

地区の住民団体が行う勉強会、研修会等に各分野のコンサルタントやプランナーなどの専門家をアドバイザーとして派遣し、地元の合意形成の推進を図る。

助成額:1団体につき助成総額50万円(派遣1回5万円上限)

まちづくりコンサルタント派遣事業

まちづくりコンサルタントの派遣を受け、地元の合意形成を図りつつ、特別指定区域制度を活用したまちづくり構想の検討や手法・制度の調査研究等を進め、土地利用計画図の策定等、まちづくり提案等策定の推進を図る。

助成額:1団体につき助成総額150万円

まちづくり活動助成事業

まちづくり活動費(広報誌、パンフレットの作成、会場使用料、視察経費、資料作成等)や計画策定(まちづくり基本構想、事業手法等についての調査経費)等の費用に対して助成。

助成額:1団体につき助成総額50万円(年間限度額30万円)

新規居住者の住宅区域における
整備計画策定助成事業

整備計画策定等の費用(土地活用計画図面の作成費用、工事設計費用、まちづくりのルール策定費用等)に対して助成。

助成額
区域の総面積が千平方メートル以上3千平方メートル未満:助成総額50万円
区域の総面積が3千平方メートル以上:助成総額100万円

新規居住者の住宅区域における
公共施設整備助成事業

新規居住者の住宅区域の公共施設(道路、上下水道)整備等の費用に対して助成。

助成額
上水道管延長(メートル)× 11,000円/メートル
下水道管延長(メートル)× 15,000円/メートル
道路用地帰属面積(平方メートル)× 11,000円/平方メートル
既設道路整備面積(平方メートル)× 4,000円/平方メートル

※制度の利用や詳細については、下記までお問い合わせください。

 

特別指定区域制度を活用したまちづくり

加西市は、市街化調整区域における定住促進による人口増対策の一環として、特別指定区域制度を活用した建築制限の緩和を図るため、「地縁者の住宅区域」「新規居住者の住宅区域」「既存事業所の拡張区域」等の指定を進めています。
宇仁地区では、人口減少の歯止めと地域の活性化を目標に、宇仁郷まちづくり協議会が中心となり、兵庫県から「新規居住者の住宅区域」の指定を受けました。
これにより、指定を受けた区域内では、宇仁地区以外の誰でも住宅建設が可能となり、地域の活性化が期待されるところです。

写真 写真
写真 八王子会館に宇仁郷まちづくり協議会が「新規居住者の住宅区域」のPR看板を設置(平成24年4月)

加西市は、宇仁地区以外の自治会でも、「新規居住者の住宅区域」の指定を進めていきたいと考えています。新規居住者の住宅区域への指定や定住促進まちづくり助成制度の利用など、特別指定区域制度を活用したまちづくりについてご希望があれば、下記までご連絡ください。

 

問合先 都市整備部 都市計画課
TEL:0790-42-8753 FAX:0790-42-1998 mail:toshi@city.kasai.lg.jp

Page Top