TOP観光>鶉野飛行場跡

鶉野飛行場跡

鶉野飛行場跡(姫路海軍航空隊鶉野飛行場、川西航空機姫路製作所鶉野工場跡)は、太平洋戦争が悪化しはじめた頃、優秀なパイロットを養成するため、昭和17年に着工し、昭和18年に完成した旧日本海軍の飛行場跡です。

鶉野飛行場跡

飛行場の建設に伴い、昭和18年10月には姫路海軍航空隊が開設され、同時に航空整備、兵科、運用、主計、航海、機関、通信、工作、兵器、砲術、医務等の兵隊が在隊していました。また、飛行場の西南には、川西航空機姫路製作所鶉野工場があり、「紫電」「紫電改」など 500機余りの戦闘機が組み立てられました。

当時、航空隊には、17歳から25歳までの若者が全国から約320名集められ、ここで30時間の飛行訓練を受けた後、各航空隊へと散っていきました。 昭和20年には、練習生による神風特攻隊「白鷺隊」が編成され、終戦までに63名の尊い命が失われました。

今は、飛行場跡は防衛庁が管理しており、一部は神戸大学農学部の敷地として利用されています。

加西・鶉野飛行場跡 ガイドブック

平成23年3月、神戸大学との共同研究により、鶉野飛行場跡のガイドブックを発刊しました。

加西・鶉野飛行場跡ガイドブック

※ご注意 現存する戦争施設は大学構内や民有地にあります。許可なく勝手に入ることはできません。

周辺見取図とアクセス

中国自動車道加西ICを出て左折し、飯森交差点を左折、約500m先、フラワーセンター南入り口手前を右斜め方向へ進み約2km先右手方向。

周辺見取図

問合先 ふるさと創造部 人口増政策課
TEL:0790-42-8700 FAX:0790-43-1800 mail:jinko@city.kasai.lg.jp

Page Top