TOP観光文化財雑学帳>円筒埴輪の作り方

円筒埴輪の作り方

粘土ひも作成 粘土ひもを巻く

1.太めの粘土ひもを作ります。 2.作りたい大きさにひもを 巻きます。

ろくろ台に乗せる 粘土成形

3.ロクロ台の上にのせます。 4.内、外面とも粘土をのばして 整えます。

2段目の粘土ひもを乗せる 粘土成形

5.粘土ひもを重ねます。 6.同じ作業を繰り返します。

板で調整 タガの位置を決める

7.外面、内面を板で整えます。8.上まで積みあがったら、タガ (凸帯)をつける位置に線を入 れます。

貼り付ける場所に刻み目を入れる 細い粘土ひもを貼り付ける

9.取り付ける位置に刻み目を 付け、どろどろの粘土を接着 剤のように付けます。10.細い粘土ひもを作り、貼り 付けます。

タガの調整 穴あけと乾燥

11.ひもを1週させ、形を整えます。 各段に同様にタガを付けます。12.2段目、3段目に穴をあけて 完成です。 後は、日陰で乾燥させます。 粘土は乾燥させると、約5% 〜10%縮小します。

円筒埴輪製作:小谷義男氏

問合先 教育委員会 生涯学習課 市史文化財係
TEL:0790-42-8775 FAX:0790-43-1803 mail:shogai@city.kasai.lg.jp

Page Top