TOP暮らす災害に備えて>雨の強さと降り方について

雨の強さと降り方について

1時間雨量 人が受けるイメージ 屋外の様子 被害状況
10〜20
やや強い雨
ザーザーと降る

地面一面に水たまりができる。

長引くようなら注意が必要である。
20〜30
強い雨
どしゃ降り 側溝や下水、小河川があふれ、小規模のがけ崩れが始まる。
30〜50
激しい雨
バケツをひっくり返したように降る 道路が川のようになる。 避難の準備が必要。
50〜80
非常に激しい雨
滝のように降る 水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる。 いつでも避難できるよう準備しておく。
80〜
猛烈な雨
息苦しいような圧迫感がある。恐怖を感じる。 雨による大規模災害のおそれが高く、厳重な警戒が必要。

 

問合先 総務部 危機管理課
TEL:0790-42-8751 FAX:0790-43-1800 mail:bosai@city.kasai.lg.jp

Page Top