第14回「愛の詩」

佳  作

題名/ああ 恋しき故郷
氏名/杉山 武


家も家族も捨てて 戦場にいかなければならなかった父
やがて戦いに敗れ 傷つきながら帰ってきた父
遠い満州の地から 八歳の長男を頭に
一家六人長く苦しい 旅を終え
財産も何もかも失って 飢え やせ ただ命だけが
母の故郷へ 戻ってきた
熊本県球磨郡 人吉盆地の片すみ湯前町
祖父母と母の妹が 暖かく迎えてくれた
十月 今までと全く違う赤い柿の実が目立つ田舎の田園風景
わら屋根と瓦葺き屋根の家 田園に点在する
遠くに山々が連なり 麓は畑 家の周りは田んぼ
収穫の終わった稲株が規則正しく 立ち並ぶ
私は この地で十年間少年時代を過ごした
小学生から中学生へ 多くの友だちに恵まれた
春 ワラビ ゼンマイ 竹の子求めてあちこちの山へ
夏 一日中友だちと川で泳ぎ魚獲り
秋 栗を拾い大きな柿の木に登って甘い柿でおなかを満たした
冬 鳥や兎を獲るための罠を仕掛けてまわった
運動会 遠足 お正月 お盆 村祭り…
いつもおなかをすかせていたが 楽しかった日々…
縄跳び 竹馬 凧上げ 独楽まわし 缶蹴り 陣取り合戦…
友だちも家族も 私の大切な存在だった
ほのかな想いを寄せた 幾人かの女の子
あれから六十年 私は故郷を想い続けている
少年時代駆け回った山々 遊んだ川 住んだ家 そして友だち

恋しい故郷 いつも昔と同じ姿で私の心に浮かぶ

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top