第13回「愛の詩」

優秀賞

題名/トイレそうじ!
氏名/いちたろう


息子よ、びっくりしたぜ、ほんとうに、なんと、きみが自分からすすんで、トイレそうじをしたなんて!
母はうれしくてしばらく泣いていたよ。
十二年かかったね
三十歳のときのあの日から…
「父ちゃん、おれ、働けなくなった」
統合失調症?三年も閉じこもり、五年目に笑顔がもどり、バスに乗れたね
センターで友達もできた 旅行へ行けた 歌も歌えた バレーボールもできたぜ
そして、とうとうトイレそうじだ!
よかったな? よくやったな?
あせることはない。人生は長いぞ。
ゆっくりじっくり考えて、
やりたいことを見つければいいさ。
子供のころのように釣りもいいだろう
巨大プラモデルに挑戦もいいな
とにかくゆったりと悠々と、たのしく、毎日をたいせつに生きてほしい
そして、いつの日か、
かがやく太陽のような幸せを
きみのその手に掴んでほしい
生きていてよかった! と叫んでくれ!
その日まで、父母はじっと
きみを見守っているからね…?

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top