第12回「愛の詩」

佳作

題名/振り袖
氏名/ふるかわ その


母さんはあなたの晴れ着をたたんでいます
晴れやかにあなたを包んだこの振り袖は
和室にあっさりと脱ぎすてられました

優雅な人になりますように
裾に描かれた紅色の牡丹の花に
あなたは気づいていたでしょうか
豊かに生きられますように
袂に描かれたししゅうの小槌に
あなたは気づいていたでしょうか
あなたは気づいていなかったはず

重ね襟の桜もように映える
満面の笑顔を母さんに見せて
あなたはひとり暮らしの町へ
いそいそと帰っていきました
気づいてなくていいのです
母さんの方が気づきました
晴れ着というのは
娘が脱ぎすててとび立つ繭のようなものだと

十分愛して育てました
あなたが強く生きられるように
きっと
まわりから好かれる明るい人になっているはず
つらくても辛抱できる人になっているはず
努力して乗り越える楽しさを知っているはず

晴れ着をぬぎすてたあなたが
志を共にする仲間たちの友情や
目に見えぬあなたの良さを好きになってくれた
恋人の愛情に
たっぷりとつつまれますように

母さんはできるだけゆっくりと
あなたの晴れ着をたたみます

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top