第11回「愛の詩」

佳作

題名/一枚のポスター
氏名/山根 幸子(広島県)


Sちゃん。ふるさとの貴方の家の店のガラス戸に、一枚のポスターが貼られました。

貴方が公演する舞台のポスターです。ポスターを見てもこの町から新幹線で二時間半もかかる街迄,観に行く人はいないでしょう。

それでも貴方の両親はポスターを貼りました。

「見て下さい!息子がシナリオをかいて演出する舞台のポスターです」と。七十を過ぎた貴方の両親はきっと貼らずにはおれなかったのでしょう。

(公演の日のお天気はどうかしら。お客さんの入りは多いかしら。舞台は無事に終るかしら)

皺だらけの両手を合わせて祈りたい気持ち。

きっとあのポスターは公演が終る迄貼ってあるでしょう。貴方がふるさとを出てもう二十幾年。名優にならなくてもいいんです。自分の志した道を歩いてください。

ガラス戸に貼ってあるあの一枚のポスターは年老いた両親が遠い街で頑張っている息子の舞台を祈る愛の証です。

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top