第9回「愛の詩」

愛の詩賞

題名/秋のイガ栗
氏名/ゆうすけ(東京都)


「ごめんね。全部母さんが悪いんよ。
許して。」

初めて俺の前でオカンが泣いとる
俺が悪いんに

また学校で悪さをした
中2の秋
もうこれで何回目だろうか
担任と学年主任が、ウンザリとした表情で俺に言った
「先生達の方からお前の家にもう連絡したく
ないわ。自分で親に報告せい。」

不貞腐れた態度で家に帰った
夕飯の支度をしているオカンに強気の態度で報告をした
ギロッ!とオカンがこっちを見た
また叱られると思った。また頭叩かれると思った
でも違った
抱きしめられた
「私の育て方が悪かったんやね。本当にごめんね…」

初めてオカンが俺の前で泣いとる
俺が悪いんに

オカンごめん。ごめん。本当にごめんなさい!

次の日、金髪ロン毛を坊主にして学校へ行った
担任と学年主任がニヤニヤしながら、飼い犬でも撫でるように頭をナデナデしてきた
「イガ栗みたいやな」
結構ムカついた

中2の秋

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top