第8回「愛の詩」

佳作

題名/コスモス
氏名/中下 重美(兵庫県)


田んぼも畑もして
おばあちゃん、よっぽど土が好きなんだなー。
花づくりが趣味って…

いつも私は笑いながらそう言った。

花はええがぁ。ほっとするでしょう…

道の両脇に植えられたコスモスは、細長い茎をぐんぐん伸ばし、夏の終わり、涼しい風が吹きわたる頃に、大きな花を咲かせた。
薄ピンク、濃ピンク、青むらさき、深紫。

小学一年生だった私の背丈をかるく越え、通り抜ける赤いランドセルに、おおいかぶさるようにして揺れていた。
コスモスは未舗装の砂利道によく似合った。
小学校から私の家までの“コスモス小道”ひとりでもさびしくなかった。
大きなコスモスを見上げながら帰る。
ときにはスキップしながら。

村でただ一人の一年生の下校を、やさしくみまもってくれた。野良仕事の間を縫っての祖母の骨折りに思い至らなかった幼い日の私。

あれは、私のためのコスモスだった。

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top