第8回「愛の詩」

佳作

題名/ごめんね母さん
氏名/織部 孝子(兵庫県)


母さん

あの頃のあなたに会いたい! 会ってもう一度もう一度だけでいい。甘えてみたい・・・・

母さん

あなたの心が彷徨うようになって今、どの時代にいますか?
一番安らぐ一番倖せな時代に入り時に流れに逆らうことなくゆっくりと過ごしているのでしょうネ。

娘の私、私の娘の区別・・ 今がどの季節でここがどこなのかも分らなくなって・・ まさか
あの聡明な母さんに・・ まさか・・ の連続でした。でも認めたくなくて、叱ったりどなったり・・

ごめんね 母さん

あなたが一番不安でつらかったでしょうに。
ホームに入る苦渋の決断をした時も、あなたはなにも分からず、ただニコニコと笑ってました。

ごめんね 母さん これ以上一緒に暮らせなくて
本当にごめんね・・

想像以上のうしろめたさが私の体全体にのしかかってきました。
奈落の底にどんどん引っぱられています。
でも救いは面会に行くとスタッフ相手に得意の講釈が出ているそうナ
あなたが落ちつける場所をあなた自身が見つけたこと。

母さん

時の流れとたわむれながら今をゆっくり楽しんでね

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top