第8回「愛の詩」

佳作

題名/私のおじいちゃん
氏名/河合 真帆(兵庫県)


私のおじいちゃんはダンプの運転手です。

石山の注文があったらその石を持っていきます。朝の三時でも四時でも、どんなに遠くても持っていきます。

週末は「どこに行きたいのよ。」と言ってくれて、行きたいところどこへでもすぐつれていってくれます。
この前、おばあちゃんのお母さんがなくなった時、おばあちゃんは本当は自分の弟と行こうとしていたらおじいちゃんが、「つれていったるやんか。」と言って、遠い九州の熊本まで運転してつれていってくれました。

そこでも妹が、「本屋さんに行きたい。」というとおじいちゃんは、「さぁ行くでな。」と言ってすぐにつれていってくれました。

でも、妹とケンカをしたり部屋を散らかしていたりするとおこります。そういう時、すぐにかたづけるとまたいつものおじいちゃんにもどっています。

そんな私のおじいちゃんはとてもやさしいです。

おこってくれるおじいちゃんも全部大好きです。

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top