第7回「愛の詩」

佳作

題名/つぶやき
氏名/横井 和幸(愛知県)


数年前
坂の上の畑は ピカピカだった
みごとに手入れされ あらゆる野菜が
そこから産まれた

縁側で 母の肩を揉む

こんな体になって 情けないよ
二十分でできたことが
一時間もかかる
母は 寂しそうにつぶやく

充分働いたよ 好きなことをしたらいい

好きなことは畑仕事
畑としゃべること
それができなきゃ
生きている意味がない
母は 寂しそうに笑う

逆らえない老いを手のひらに感じた

ここに居てくれるだけでいい
生きている意味はあるんだよ
涙があふれないよう
天井を向いた

畑へ続くあの坂道を 力を振り絞り
母は 今も登っているのだろう

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top