第7回「愛の詩」

佳作

題名/みんなへ
氏名/野間 尚子(東京都)


今、皆は何をしていますか。運動会が終わり、大きな数の引き算を習い始めた頃でしょうか。

これから、卒園式で伝えきれなかった皆への気持ちをお話しするね。

先生は皆のことを愛しています。

「愛している」ってどういうことか知ってる?
多分、気付くと相手のことを考えていたり、相手を喜ばせたいと願う気持ちのことだと思うの。

先生ね、旅行へ行って大きな富士山を見た時は、皆と一緒にやまびこごっこをしたい!と思ったし、水族館で強そうな鮫を見た時は、
「わー すごい!」
と歓声を上げる皆を想像して、今すぐ連れて来たいと思った。

おいしい料理を食べれば、真っ先に皆に食べさせたいと感じたし、
「これならにんじん嫌いのけんちゃんも気に入ってくれそう」
なんて事も考えたんだよ。

雷の音が激しい夜は
「まいちゃん、また泣いていないかな」
って心配になった。

本屋さんで恐竜の絵本を見つけた時は、もう皆の喜ぶ顔が目に浮かぶようだった。気付くと皆のことで頭がいっぱいだった・・・。

これから先、楽しい事も、そうでない事も起こると思う。世界中が敵に見える日があるかもしれない。でも先生は味方だよ。いけない事をしたら、たとえあなた達が大人になっていたとしても幼稚園の時のように叱るよ。それでも先生は絶対にあなた達の味方です。
安心して、できればゆっくりと大きくなってね。

先生は、ずっとずっと愛しています。

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top