TOP暮らす人権教育・啓発活動愛の詩第7回「愛の詩」>国際ソロプチミスト加西賞

第7回「愛の詩」

国際ソロプチミスト加西賞

題名/私のおじいちゃんはすごいぞ
氏名/竹内  彩(兵庫県)


私のおじいちゃんは、お母さんが小さいときから、目が見えませんでした。

何も見えないけれど、おじいちゃんには、すごいところが、たくさんあります。

一人で洗濯物をほしたり、一人でひげをそったり、一人でご飯をたべたり、一人で着替えをしたり、一人でおふろに入ったり、一人でトイレに行ったり、一人でふとんをしいたり、一人で留守番をします。

そして、私が一番すごいなと思ったのは、おじいちゃんが一人で散歩に行っていることです。

初めの方は、おばあちゃんと一緒に散歩に行っていたけれど、何年か前から一人で行くようになりました。
私は、すごく心配でした。でも、おじいちゃんが、散歩をしているところを見て、もう心配じゃなくなりました。

一つだけ願い事がかなうなら、お母さんや、お父さんや、お兄ちゃんや、私の顔を一度だけでいいので見てほしいです。

おじいちゃんは、目が見えなくなってからすごく苦しかったと思います。でも、おじいちゃんは、何年も目が見えない生活をしていて、自分一人で、何でもできるようになりました。

おじいちゃんは、私の中で、自まんのできるおじいちゃんです。

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top