第6回「愛の詩」

佳作

題名/私を見て!おかあさん
氏名/長谷川 佳代子(兵庫県)


私がそばにいるのがわかる?
私の声聞こえてる?
私の顔見えてる?
あの日から何度こう呼び続けているか
九月十二日を私は忘れない
あの日の朝、面会に訪れた私を見るなり
「今朝のお味噌汁美味しかった!お味噌汁につられておかゆも食べられた」
という顔は久しぶりの母本来の笑顔
「よかったなあ」
心から喜びの言葉をかけていた
「何でも好きなもの食べていいと言われたから何がいい?」
「桃が食べたいなあ」と母
昼過ぎ、点滴が終わるのを待って
桃色の桃一切れ美味しそうに食べる
ゆっくり、ゆっくり、味わうように
そして、おおかた四分の一
「もういいわ。美味しかった!」
「オカリナ聴かせて」
少し前に習い始めた私のオカリナ
この頃聴くのを楽しみにしている
「ふるさと」いつも一番初めのリクエスト曲
「ミカンの花咲くころ」
「夕焼け」
この日は、ベットで頭の位置を逆にして
左手を頭の下において横向き
両足をベットの横の私の膝にのせて
目をつぶって聴き入っている
今思えばもつともっとあのまま
何曲も続けていればよかった
私がそばにいるのがわかる?
私の声聞こえてる?
私の顔見えてる?
あの日から今もこう呼び続けている

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top