第5回「愛の詩」

佳作

題名/ふるさと
氏名/佐藤 重光(愛知県)


ふるさとを想い今の時間を過ごす。
自然から学んだすべてのことが今の時間をつくりあげている。
同級生と共に楽しみ悲しんだこと。
近くの山で基地をつくる。
枯葉を敷き詰め肥料袋で滑る。
田んぼにできた自然氷でスケート。
農道でマラソンの練習。
大きな木で、セミやカブトムシを捕まえる。
田んぼを掘って手作りのプールで泳ぐ。
脱穀後のヤキイモ。
田んぼのはざにのぼり夕日を見つめる。
分校の廃校。
ただその時を「精一杯」遊ぶ。学ぶ。
今の自分は、そんなふるさとから学んだ幾つものことを「精一杯」という言葉があてはまる現状なのか、もう一度問い正して見る。
これからも「精一杯」という言葉に到達できるよう行動していきたい。
そして、ふるさとがある現状にも感謝したい。

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top