第1回「愛の詩」

愛の詩賞

題名/夫婦
氏名/山脇 唯生


あれからすでに十年になりますね
救急隊が三人もかかって下ろす程重い
その重さの今の私を
半分程の重さの妻が一人で風呂に
入れてくれる

「身体は不自由でも幸せな人ですね」
と、逢う人ごとに云われます
途中幾度かの危機も乗り越えてきました

明るい貴女がいてくれたから
笑って過ごしてこれました
九十歳まで生きたい 笑いながら

 

問合先 ふるさと創造部 人権推進課
TEL:0790-42-8727 FAX:0790-43-1380 mail:jinken@city.kasai.lg.jp

Page Top