TOP暮らす>管理不全な空き家対策について

管理不全な空き家対策について

管理不全な空き家の増加


近年の急速な少子高齢化、核家族化による世帯の分離、経済的問題等、さまざまな事情から、空き家が増加しています。その中で、適正な管理が行われていない空き家は、老朽化による倒壊や建築材の飛散、不審者の侵入や放火のおそれ、草木の繁茂等による生活環境への悪影響など、周辺住民に大きな不安や迷惑を与えています。

加西市空き家等の適正管理に関する条例

加西市は、こうした問題に対応するため、「加西市空き家等の適正管理に関する条例」を制定し、平成25年10月1日から施行することとしました。
この条例は、空き家が放置され、管理不全な状態になることを防止することで、生活環境の保全及び安全で安心なまちづくりの推進に寄与することを目的としています。

所有者・管理者の皆さんは、空き家を放置せず、適正な管理をお願いします。

市民の皆さんも、管理不全な状態の空き家に気づかれたときは、地域の課題として自治会で話し合っていただくとともに、自治会を通じて情報提供をお願いします。

■条例等
加西市空き家等の適正管理に関する条例(PDF形式:143KB)
加西市空き家等の適正管理に関する条例の概要について(PDF形式:140KB)

■条例の主な内容

  • 空き家等の管理(空き家等の所有者等の責務)
  • 情報提供
  • 実態調査等
  • 助言、指導、勧告、命令、公表
  • 警察その他関係機関との連携 など

 

問合先 総務部 危機管理課
TEL:0790-42-8751 FAX:0790-43-1800 mail:bosai@city.kasai.lg.jp

Page Top