TOP暮らす消費生活相談>クーリング・オフ制度

クーリング・オフ制度

クーリング・オフとは?

不意な訪問販売や電話勧誘販売などで契約した場合、よく考えて必要ないと思ったときに、一定の条件のもとで契約書を受け取った日から一定の期間内であれば、一方的に無条件で契約解除できる制度です。
「エステティックサロン・学習塾・外国語会話教室・ 家庭教師派遣・パソコン教室・結婚情報紹介サービス」の6つの特定継続的役務については自分から店舗に出向いて契約 してもクーリング・オフができるようになりました。

クーリング・オフをできる期間

訪問販売、電話勧誘販売 法定の契約書面が交付された日から8日間
マルチ商法 法定の契約書面が交付された日から20日間
業務提供誘引販売取引 法定の契約書面が交付された日から20日間
特定継続的役務提供 法定の契約書面が交付された日から8日間

■ポイント

クーリング・オフは発信主義です。業者から特定記載事項のある書面(申込書面又は契約書面)を受領した日を起算日とし、その日から法定の期間内に書面を発信すれば、発信日にクーリング・オフの効力が発生し、契約は契約日に遡って無効となります。
ポイントとして、「法定記載事項」に不備がある書面を渡しても起算日とはなりません。
よって、不備がある書面に基づく契約は、永久的にクーリング・オフが出来ると言えます。

申込書面と契約書面の法定記載事項

  • 事業者の名称または商号、住所、代表者の氏名、電話番号
  • 販売担当者の氏名、申込日ないし契約日
  • 商品名及び商標又は製造者名
  • 商品の数量、販売価格、代金の支払時期と方法、商品の引渡し時期
  • クーリング・オフ、契約日
  • 瑕疵担保責任などの定めあるときはその内容
  • 契約の解除に関する定めあるときはその内容
  • その他特約があるときはその内容

※商品名は販売業者が付けた固有名詞だけでは不十分で、誰でも分かる品名、つまり布団とか宝石とか普通名詞を併せて書く必要があります(経済産業省令、通達)。

クーリング・オフをすると?

契約は最初から無かったことになります。
支払ったお金は全て返してもらえ、違約金なども取られません。
商品を受け取っている時は、引き取り費用も業者の負担で引き取ってもらえます。

ただし、次の場合などは、クーリング・オフできません。

  • 金額が3,000円未満で現金一括払いの契約
  • 乗用自動車の訪問販売による契約
  • 化粧品などの消耗品で使用済の場合

クーリング・オフの方法

あとで「聞いていない」などの問題がおきないためにも、必ず書面で行いましょう。
(内容証明郵便、特定記録郵便または簡易書留など)
ただし、クレジットを利用(信販契約)したときは、クレジット会社(信販会社)にも出しましょう。
また、郵便を出す前に両面コピーし、書留郵便物受領書といっしょに保管しておきましょう。

契約解除通知

※控えとして両面のコピーを取っておいて、配達記録郵便で出しましょう。

問合先 ふるさと創造部 ふるさと創造課 市民相談係
TEL:0790-42-8739 FAX:0790-42-0133 mail:sodan@city.kasai.lg.jp

Page Top